amoung us

宇宙をテーマとした、いわゆる「人狼ゲーム」であり、2020年に突如としてバズった。 人狼ゲームとか、この手の取引が発生する類のゲームはコミュニケーションのいい媒介になるし、年末年始に久々に会う知人とやっていた。 合計、20時間くらいやったかな?大分堪能した感じがある。 なぜか、同性だけでやったほうが面白い 7人以上じゃないと本領を発揮しない 習熟度による勝率の偏りがあるのかは不明(サボタージュを知っているか、等は別として) onlineで知人とプレイするには、複数端末が必要 レーティングや、掛け金(bitcoinとか?)があると、より高度化していくかもしれない reverse engineeringによるcheatがたくさんあり、 »

2020年影響を与えた5つの文章

本に限らない。 みんなのコンピュータサイエンス みんなのコンピュータ・サイエンスを読むことから始まって、改めて、基礎が欠落していると実感した一年だった。 今更いちから学ぶのはどうなんだ、という自問自答が続きながら、今も相変わらず少しづつ進めている。 1. leetcodeに手を出して、60 questions to solveをマスターしようとして挫折する 2. atcoderのメモをたくさん残しだして(例)、記録を見ると2月から6月までは粛々とやっていたようだ。だけど、実力はひどい。 3. python(pypy) »

Chancellor on brink of second bailout for banks

genesis blockのコインベーストランザクションについて調べたのでメモする。 is_coinbase コインベーストランザクションは、bitcoinを新規で発生させる唯一のtxである。 その構造は、以下の例外を除き、その他の普通のトランザクションと変わらない。 1. tx inputは必ず一つである 2. そのinputの一つ前のtxは32バイトの00である 3. そのinputの一つ前のtx indexは0xffffffffである pythonで言えば、下記のコードの通りである。 def is_coinbase(self): if len(self. »

圧縮/非圧縮SECの考慮漏れによる署名の失敗

p2pkhで署名する際の圧縮/非圧縮secについて p2pkhで署名したtxをbloadcastする際にscript検証がうまく行かず、ハマってしまったのでメモを残す。 公開鍵からaddressを生成する 大まかな図としては下記の通りとなる。 ここで、HASH160で計算するための公開鍵は、圧縮/非圧縮secフォーマットの2つの方法でシリアライズすることができる。 わかりやすいのは非圧縮SECである。 公開鍵は、(x,y)形式の一つの座標であるが、座標をシリアライズする方法は下記の通りに決まっている。 0X04をprefix byteとする x座標を32バイトのビッグエンディアンにする y座標を32バイトのビッグエンディアンにする つまり、(1,10)が公開鍵であれば、下記のコードで取得できる »

レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿を解読する

手稿から読み解く芸術への科学的アプローチ レオナルド・ダ・ヴィンチは、何十もの驚くべき発見をし、流体力学や理論植物学、空気力学、発生学などの全く新しい分野を切り開いた。著者は、レオナルドの有名な手稿を読み返すうちに彼が先駆的なシステム思想家でもあったことに気づき、この新しい視点から見たレオナルドの全科学的業績について、徹底的に踏み込んだ調査を行った。そして本書で、レオナルドの科学は生きている形態や性質、パターンの科学であり、200年後に登場した機械論的な科学とは根本的に異なっていること、レオナルドがすべての生命の不変性に敬意を払うとともに、すべての自然現象に根本的な相互依存性があることを認識し、ミクロコスモス(人間)とマクロコスモス(生きている地球)を結びつけたことを明らかにしている。また、レオナルドの研究をガリレオやニュートン、さらに現代科学と比較することによって、 »

小さなチーム、大きな仕事

今更。2014年頃に買って、自分の頭のなかにモヤモヤとある価値観をスパッと言語化してくれている本。下記に例を示しておく。 何か本当にしたいことがあれば、他にやることがあろうとも時間を作る。残念なことに、多くの人はそれほどではないのだ。 完璧なタイミングは決して到来しない。いつも若すぎたり、年寄りすぎたり、忙しかったり、金がなかったり、その他いろいろだったりする。 ホットドッグ屋台はホットドッグがなくてはホットドッグ屋台ではない。 なぜ行っているかはっきりとはわからないけれど、何かに取り組んでいることに気づいたことがあるか?誰のため?その裏にある動機は?これらの答えを知ることでその仕事をよりよく理解する助けになる。 柔道のような(最も少ない動きから最も多くを得る)解決策を見つける »

コマンドの接続

linux入門を読んでいて、基礎的なコマンドで抜け落ちていたのでメモしておく。 pipe commandA | commandB seq 1 5 | grep 1 1 command substitution commandA $(commandB) こっちのほうが多用しそうだけど、まだ身についていなかった ~/Desktop ❯❯❯ ls $(echo '-al') drwx------@ 9 bruwbird staff 288 »

昭和の結婚

自身、結婚したり、結婚式の準備をしたりという中で、「そもそもこの儀式は一体何だ?」と疑問に思うことが多数で、借りてみた。 相手の顔を知らぬまま嫁ぐ花嫁。気に入らない!と理由も告げられぬまま離縁される新妻。相次ぐ、心中事件の悲劇…。結婚とは「家」と「家」のものだった時代、女性にも男性にも自由はなかった。昭和の結婚の諸相を描く、画期的な1冊。 駆け落ちで自殺が相次いだ、とかホテル結婚の歴史とか、なかなか現代からは想像しづらい内容が次々にでてくる。特に印象に残っているのは、「嫁ぐとは「凱旋なき出征」である」 »

リップル総合まとめ: ユニコーン企業はこうして誕生した

bitcoinしかほとんどよく知らない身からすると、なにかと周囲から聞かれることが多い「リップル」。 Ripple総合まとめを読みやすいように体系的にまとめてくれた本と言える。 ちょっとしたお金稼ぎの方法として、知識の偏りを利用した投機・・・という側面では触れるのだけど、やっぱり深いところはよく知らない。 spark, kava、そして最近の暴騰と、どうしてもお金の面に目が言ってしまう存在ではあるが、例えば、何が作れるだろう? 「支払いと決済の違い」や「IOU」など、価値のやり取りとはなにかを、整理するための良書でもある。 »

ヒトラー演説 熱狂の真実

悪用厳禁!とは現代の世の中ではなりづらい感じがするなあ。みんなの前で語る、というアプローチが人々に届く時代は終わりに近づいている感じがする。 だからってSNS?それも違う気がする。次のヒトラーは想像もつかないアプローチで心理をコントロールしてくるのだろう。 ヒトラーの何が人々を熱狂させたのか。二五年間、一五〇万語の演説データで「語りの手法」の変遷を辿り、煽動政治家の実像に迫る ヒトラーの歴史的な位置づけについては、第二次世界大戦より前については曖昧なので、そのあたりはまた別で知っていきたい。 »