litテスト環境の構築

btcdはgolangで書かれているので、lightning networkのlndやlitもbtcdを参照している処理が多い。だから色々やりやすいと思って、最初はbtcdのsimnet環境を構築した。けど、ダメだった。 結論から言うと、bitcoin coreのregtest環境を構築するのが早い。 基本的には、lit setupを参照すれば良い。 Bitcoinのフルノードといえば、公式クライアントであるBitcoin coreがほとんどである。btcdは、2018年8月現在世界で45nodesしか稼働していない。 詳細は、coin danceを参照するのが良い。 Bitcoinのテスト環境 Bitcoinには大体のクライアントで2種類のテストネットが用意されている。 btcdでは3種類になる。 testnet 開発の際に一般的に使われる環境。 »

Schnorr署名のDLCへの適用

DLCのOracle DLCのOracleは、他のスマートコントラクトと比較して、プライバシーへの配慮に特徴を持っている。 下記はMIT DCIが出した論文からの引用である。 Discreet Log Contractsは、スケーラビリティとプライバシーの問題に対処し、外部データを提供するオラクルへの信頼を最小限に抑えるシステムを提案している。またこのコントラクトは外部のオブザーバーがトランザクションログからコントラクトの存在を検出できないように設計されている。 通常の2 of 3マルチシグと違い、contractの存在がOracleに当たる人から秘匿化され、ブロックチェーンに登録されるデータにもその形跡は残らない。 DLC(discreet log contract)では、Schnorr署名を応用することによって、上記を実現して(しようとして)いる。 »

litでmacでdiscreet log contracts

Lightning networkでSmart contract litはライトニングネットワーク上のスマートコントラクトの方向に向かっている。discreet log contractsと呼ぶ。Lightning Networkと共存できるため、高速で手数料のかからないやり取りができる。 gertjaapがdiscreet log contractsのWalkthroughをベルリンのオフチェーンワークショップでデモしてたため、それに基づいてtestnetでの実行手順をまとめる。 Env OS : Mac OS Sierra 10.12.6 go : version 1.10 »

litでmacで送金テスト

litは、(他のbitcoin関係のソフトウェアと同様に)毎日変更が加わっている状態であり、githubにあるreadmeを読んで実行してもうまくいかないケースがある。俺の読解力の問題かもしれないが。 2018年7月現在で、動かす方法を日本語でまとめておく。 Under development, not for use with real moneyであるので、テストネットでの送金をやるに留める。 Env OS : Mac OS Sierra 10.12.6 go »

BlockChainのプライバシー

秘密鍵流出によるコインチェック社の580億円流出は記憶に新しい。 ブロックチェーンは、その改ざんは非常に難しいが、その書き込みにはもちろん制御はない。 情報それ自体へのアクセス権(読み込み)をブロックチェーンライクな仕組みで管理する方法を提供することは可能なのか。 今後暗号通貨による資産管理が進み、セルフGOXや、相続時のトラブルが増えていくことは容易に想像できる未来であり、スタートアップと一緒に調査を進めている。 マルチシグを使う方法から、貸金庫レベルのマニュアルオペレーションも含めて。 その中で、Secret Sharing Daoの概念を調査しているので、その内容を書く。 日本語の情報はほぼない状態で、すこしでも先に進めばと思う。 広義にブロックチェーンといっても、その種類は多岐にわたる。 特に、現在は細分化の傾向が大きくなっている。 整理のため、今回話すプライバシーがどの領域の特徴なのかを定義する。 »